ビジネスで勝ち組になるためのスキマ商売の発掘の法則とは?

ビジネスで勝ち組になるためのスキマ商売の発掘の法則とは?

なぜスキマ商売が勝ち組になるのか?

スキマ商売とは

あるビジネスとあるビジネスの間にスキマがあるとする

そのスキマを埋めるサービスを生み出すことで新たな価値を生み出すことである。

その微妙で小さなスキマを埋めることで大きな価値を生み出すタイプのビジネスモデルでる。

「微妙で小さなスキマ」ということが重要で

スキマが小さいために大手が参入することがないため一人勝ちに近い状態になることができるというわけである。

では、そのスキマ商売を発掘する法則とは?

続きを読みたい方はメルマガ登録をお願いします。↓↓↓↓
:optin:

例えば

「リアカー」 を自作で作って売っているという人がいるのを知りました

今時、リアカーなんて誰が買うんだよ

と私は思いました。

一般的に皆さん、そう思いますよね

しかし

皆がそう思うから

「リアカー」 を作って売っている人が一人勝ちして儲かるんです

その人は2000万以上の年収を得ているといいます。

リアカーは

大量生産して売るものでもありません

溶接や板金をして手作業で作る地味~な物です。

ですから大手企業が参入する心配もありません

リアカーを製造できる職人も多くはありません

自分で作っているので利益率も高い

非常に狭いスキマに挟まり安定したビジネスになっています。

一般の人に対して

ビジネスで儲かっている人と同じ事ができるかという質問をすると

「それは出来ない」とか「そこまでは~」みたいな返答が出ます。

皆が出来ないことをヤルから価値が出るんです!

だれでも出来ることに対して誰も金は出しませんし、価値は生みません。

法則的には

(1)ある交わる事のない「サービス」と「サービス」のスキマを繫ぐサービス

(2)ビジネス視点で一般の人がいいねと思わない小さな市場で、市場は小さいが確実に需要があるスキマ、
   市場が小さすぎるため一般の人がそこに市場があることに気がつかないケースが多い

   なぜ小さい市場でも存在しているという理由を考えよう

   通常ではそういった市場は消滅してしまう

   しかし生き残っている市場には

   その商品が欲しいという低いレベルの需要ではなく

   その商品がないと困るという高いレベルの需要があるということである。

   ベンチャービジネスの楽しさはそのスキマを発掘することでもありますね。